ブログパーツ

スグルの独り言

日々の徒然を気楽に書いてゆくブログ
現在 人来訪中
時々表示まで時間がかかります。
表示されたように見えても表示されない時は少しそのまま待っていて下さいm(_ _)m
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
注目記事
RECOMMEND
MAGIC(初回限定盤)(DVD付)
MAGIC(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
B'z
聴けば聴くほど”味”が出る曲ばかりです!!!
RECOMMEND


PROFILE
SEARCH
<< edyを初体験 | main | 食べないと死んじゃいます >>
宅建業法改正改正について
えー ちとまじめなお話です。

4月24日って何の日でしょう?
誰かの誕生日?

まぁ、誕生日といえば誕生日ですね〜

実は、宅建業法改正の施行日なのです。

何が改正されたかというと、アスベスト調査耐震診断の状況
重要事項報告義務の中に盛り込むことになりました。

詳しくは
宅建業法35条1の12の規定に基づく同法施行規則16条4の2になります。
アスベストと耐震問題・・・・・
世間がかなり敏感になってますよね。

みなさんは新築や中古マンションとかを購入する時や
マンションを借りる時、宅建の資格を持ってる人が
電気、水道、暖房という設備とかその住宅のいろんな情報を
声に出して説明しないといけないのですが、その中に
アスベストの有無(除去済みとか、ありませんとか)と
耐震診断の状況(耐震対策済みとか、Is値が0.6以上あるとか)
を報告しないといけないのです。

ただし、2階以下とか1000平米以下とか条件によっては
告知義務は発生しません。

まぁ、でかいマンションはだいたい該当します。

その重要事項説明の中に、その2点の話が無かった場合は
忘れずに聞きましょう。(まず大丈夫だと思うけど、、、)
仲介取引を行っている業者で、そんなミスをするようなら
そこはやめておいた方がいいです。

今住んでる家の耐震強度を知りたいけど、木造だし2階建てなので
大家さんに聞いても無駄かも(^^;
| スグル | 勉強 | comments(0) | trackbacks(0) |









url: http://totota.mania.daa.jp/trackback/219864